海外旅行の準備と注意点

MENU

パスポート記事一覧

 

海外旅行には必需品のパスポートの取得と申請方法について説明します。・パスポートの申請費用は10年旅券、16,000円。5年旅券、11,000円の申請費用がかかります(12歳未満の料金形態は異なります)。・パスポート取得に必要な書類としては、1. 一般旅券発給申請書 1通  申請書は、各パスポート申し込み窓口、旅行会社で入手できます。2. 戸籍謄(抄)本 1通 3. 住民票 1通(住民基本台帳ネット...

 
 

パスポートの更新手続きについて説明します。現在お持ちのパスポートの有効期間が残り少なくなると、事前に手続きすることによって、パスポートの更新ができます。パイポートの更新手続きは、残りの有効期間が1年未満になると可能です。指定の必要書類を用意して申請窓口に提出します。(パスポートの更新は、正式には切替発給といいます。)日本国内で行なう、手続きについて説明します。@まず、指定された必要書類を用意します...

 
 

パスポートの変更申請が必要なケースは次のような場合です。1.婚姻や養子縁組等により、戸籍上の姓を変更した場合  2. 家庭裁判所の許可を得て、戸籍上の姓又は名を変更した場合 3. 国際結婚により配偶者の姓を別名として追記する場合 4.本籍の都道府県名が変わった場合です。次の場合は訂正手続の対象になりませんので留意してください。(1)同じ都道府県内で転籍した場合(パスポートの記載に変更がないため。...

 
 

パスポートには、5年間有効の赤いパスポートと10年間有効の青いパスポートがあります。20歳以上の大人であれば、5年間有効のパスポートにするか、10年間有効のパスポートにするかを選んで申請することができ、少し余分にお金を払えば10年間有効のパスポートを受け取ることができます。しかし、20歳未満の場合は、5年間有効のパスポートしか申請できません。この有効期間が切れてしまうと、基本的にパスポートとしての...

 
 

パスポートが大切なもので、保管には十分配慮が必要であることは誰もが知っていることでしょう。実際、パスポートがなければ、世界中のどこの国でも出入国が認められません。旅行の際に忘れてしまえば、飛行機に乗ることができないのです。また、海外で紛失してしまったら、もっと大変なことになります。パスポートは海外で自分の身分を証明する唯一の公文書です。空港や港の出入国だけに限らず、提示を求められることが多々ありま...

 
 

パスポートは、申し込めばすぐに手に入るわけではありません。必要書類を提出して申し込みをしてから手元に届くまでには一定の期間がかかりますから、事前に海外旅行や海外出張の予定がわかっている場合は早めにパスポートの申請手続きを行う必要があります。パスポート発行までに掛かる日数は、市区町村によっても若干の違いがありますが、基本的に約一週間掛かります。土日祝日を除いた、実稼働日で6日程度というのが一般的です...

 
 

パスポート申請には、各種書類が必要です。最初の申し込みの時点で全て用意していくとスムースに申請が行えますから、必ず事前に用意して持っていくようにしましょう。では、必要書類とは具体的に何かと言うと、以下の通りです。・一般旅券発給申請書一通・6ヶ月以内に発行された戸籍抄本、または、戸籍謄本一通・35×45センチなど規定を満たした写真一枚(免許用写真ならOK)・運転免許証、写真付き住民基本台帳など、身分...

 
 

パスポートの申請や受取は、平日の限られた時間しか受け付けていませんから、仕事を持っている人ではなかなか手続きに出向くのが難しいのが困りものですね。パスポートの受け取りに関しては、年齢に関係なく申請者本人でなければ渡してもらえません。パスポートの写真と本人の人相に相違ないかを確認の上で受け渡しが行われるからです。ですが、パスポートの申請は、必要書類さえ揃っていれば本人でなくても受け付けてもらえます。...

 
 

パスポート申請における未成年者とは、満20歳未満で未婚の方です。20歳の誕生日前日で満20歳と判断されますし、20歳未満でも結婚している方(内縁関係では無効)は成人とみなされます。未成年者のパスポート申請を行うには、パスポート申請書類の裏面にある「申請書類等提出委任申出書」に法定代理人の署名が必要です。法定代理人とは、親権者である父母、養子縁組をしている場合には養親、親権者がいない場合には未成年者...